このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。

Seven Rich法律事務所が提供する
「ネット誹謗中傷被害相談窓口」

特急LINE相談窓口
(初回相談無料

お急ぎの方用にLINEの相談窓口を用意しました。
友達追加した上で相談内容をチャットしてください。最速で返信いたします。

LINEで相談する

誹謗中傷の解決には
ネットへの専門性が必要です!

誹謗中傷対策可能なサイト

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok
  • 爆サイ
  • 5ch
  • ガールズちゃんねる
  • YouTube
  • その他SNS/口コミサイト全般
  • Facebook

私が解決します!代表弁護士紹介

代表弁護士

石原一樹

私はインターネット専門の弁護士として、数々の誹謗中傷問題に取り組んできました。
私のモットーは、依頼人の方に「この先生に頼んで良かった」と思われるような弁護士であり続けることです。

仕事をしていくうえでは,毎回依頼人の方が満足できる結果になるというわけではないと思います。それでも,「この先生に頼んでよかった」と納得して頂けるように,依頼人の方の事を考えながら仕事をする弁護士にいたいと思います。

悩んでいることや不安に思うことは誰にでもあります。
そのような悩みや不安が少しでも和らぐように最善を尽くしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。話を聞いてもらうだけでも解決の糸口が見つかる可能性もあります。

監修記事
ネットで名誉棄損をされた!犯人を特定する方法は?

主な書籍

  • 2015年 3月「リレー連載 社内弁護士のシゴト場」(ビジネス法務2015年3月号)
  • 2015年 7月「はじめてのAirbnb」(晋遊舎Ambitious Vol.5)
  • 2015年 10月「クラウドソーシング活用において、広告主企業が知っておきたい法的リスク」(宣伝会議2015年11月号)
  • 2016年 4月「クラウドソーシング」の法的留意点(日本法令ビジネスガイド2016年4月号)
  • 2016年 10月東洋経済2016年10月29日号
  • 2015年 10月「クラウドソーシング活用において、広告主企業が知っておきたい法的リスク」(宣伝会議2015年11月号)

あなただけはありません!
SNS時代に誰もが悩む誹謗中傷被害

こんなお悩みありませんか?

匿名で私の個人情報がネット上に書き込まれているけど、消し方がわからない。
twitterで誹謗中傷をされて、傷ついて立ち直れない。
匿名で誹謗中傷されていて、犯人か誰かハッキリさせたい。
企業のSNSアカウントから思わぬ事でネット炎上しそうで怖い。
ネットストーカーをされて困っている。
ブラック企業であると書かれているのを発見した。
何年も前の不祥事のニュースがいまだに表示されている。
企業のSNSアカウントから思わぬ事でネット炎上しそうで怖い。

沢山の方が抱えてるお悩み
そのお悩み解決します!

インターネット上で誹謗中傷などを受けている場合、その記事を削除したり、書き込んだ人を特定することができます

たとえば、以下のような相談を多数解決しています。
  • Twitterにありもしない悪口を書かれた
  • SNSで名指しで批判されて困っている
  • YouTubeの口コミ欄で嘘の情報を流されている
  • 爆サイにお客さんからクレームを書かれた
  • 住所氏名などが晒されてしまった、ネットストーカーをされて困っている
  • ブラック企業であると書かれているのを発見した
  • 何年も前の不祥事のニュースがいまだだに表示されている
  • ネット炎上に巻きこまれてしまったがどのような対応を取れば分からない

解決ステップ①

削除請求(送信防止措置依頼、削除仮処分等)

インターネット上の記事は削除しなければ、原則として残り続け、さらにコピーされるおそれがあります

また、SNSやWebサイトによっては削除の問い合わせ先などがわからなかったり、適切な対応を取らなければ、逆に被害が拡大してしまうこともあります。

当事務所では、多くの事案で蓄積されたノウハウを活用して、ウェブサイトの調査、対応方法の提案を行います。
また、迅速な対応を心掛けており、ウェブサイトにもよりますが、削除されるまでの時間は最短で数時間~数日です。

解決ステップ②

発信者情報開示請求

インターネットには匿名性があり、誹謗中傷されたとしても、それを誰が書き込んだのかを知ることは困難です。
誰が誹謗中傷を行ったのかが分からないと、損害賠償請求などをしていくこともできません。
そこで、相手を特定する手続きが、発信者情報開示請求」であり、プロバイダ責任制限法4条1項に定められている手続きです。

しかし、通信記録は3~6か月程度しか保存されていないため、時間が経ってからでは特定ができないことになってしまいます。
そのため、誹謗中傷を受けた場合は速やかにご相談ください

解決ステップ③

損害賠償請求・刑事告訴

発信者(書込みをしていた者)を特定することができた場合、その者に対する責任追及をすることについてもご依頼をお請けしています。
責任追及の方法は、一般的に損害賠償請求や刑事告訴といったものになります。
どのような方法をとることが適切か、ご相談の上対応いたします。

オプション①

炎上対策フォロー

様々な理由・事情で思いもよらないところから寄せられた批判が炎上に発展する事例が増えています。 そのため、炎上が発生しないようにすることは簡単ではありません。
今後これ以上炎上が起きないように、どのような対応を取るのが適切かを検討し対応のお手伝いをいたします

 

オプション②

誹謗中傷対策顧問

インターネット上にネガティブな記事が多数掲載されている場合や、断続的に掲載されている場合、個々に削除や開示のご依頼を受けるとなると、それだけ対応のために手間がかかることになります。
そこで、顧問契約を締結させていただくことで、個々のご依頼についての契約締結を省略し、かつ、割安な費用で対応させていただくことが可能です

解決ステップ①

削除請求(送信防止措置依頼、削除仮処分等)

インターネット上の記事は削除しなければ、原則として残り続け、さらにコピーされるおそれがあります

また、SNSやWebサイトによっては削除の問い合わせ先などがわからなかったり、適切な対応を取らなければ、逆に被害が拡大してしまうこともあります。

当事務所では、多くの事案で蓄積されたノウハウを活用して、ウェブサイトの調査、対応方法の提案を行います。
また、迅速な対応を心掛けており、ウェブサイトにもよりますが、削除されるまでの時間は最短で数時間~数日です。

指名される理由

Seven Rich法律事務所は、ネット上でのトラブルや炎上に対して、対岸のアドバイザーではなく、同じ舟の乗組員のような立ち位置でいたいと強く思っています。
これまでみなさんがネット上での不安や苛立ちを覚えているのに、正しい対処方法を知らない方が殆どでした。
我々は、ただ改善するだけでなく、お客様自身が正しい知識を身に着けて、二人三脚でお付き合いしてく覚悟でお客様と接しています
だからこそ、納得して安心した形で寄り添い続けることをお約束致します。

Seven Rich法律事務所へ
依頼する理由

  • しなやかな解決力で安心感を与え続けます。
    相談に来られる方々は、法的な知識や形式的な回答を得るために相談に来られているわけではありません。あくまで、困りごとを解決するためにご相談にいらしていただいています。
    私たちはこの点を強く意識し、形式的な法律による回答ではなく、相談者の根本の問題は何か、実質的な解決は何かを考え、ベストな解決をご提案・実行します。
  • 初回相談にて親身に今後のプランを念密に練っていきます。
    私たちは、皆様の不安に押し殺されそうな声にしっかり耳を傾け、今後のアクションプランを作り上げて参ります。ご相談依頼フォームまたはお電話にてご連絡いただけましたら、可能な限りどこよりも迅速にご対応させていただきます。
  • 個人から法人まであらゆるお客様のご対応をさせて頂いております。
    これまで個人から法人まで多くのお客様のご相談を受けてきたからこそ、私たちには圧倒的な経験値が溜まっております。どんなケースでも、まずはご相談していただければ、全力で解決に向けてサポートして参ります。
  • 個人から法人まであらゆるお客様のご対応をさせて頂いております。
    これまで個人から法人まで多くのお客様のご相談を受けてきたからこそ、私たちには圧倒的な経験値が溜まっております。どんなケースでも、まずはご相談していただければ、全力で解決に向けてサポートして参ります。
ご相談はこちらから
初回に限り無料相談を受け付けます!
※初回相談の内容はヒアリング及び課題に対する解決案の提示までとなります。具体的な施策やアクションは含まれておりません。
また既に初回相談をご利用された方は無料コンサルはお受けになれません。

お客様の声

家の住所が公開されており、不安でした

ネットストーカー被害に会い、誰かも分からない人から自宅住所を公開されてしまい、とても怖い思いをしました。Seven Rich法律事務所へご相談させて頂いた所、迅速にご対応して頂き、犯人の特定と個人情報公開部分の削除をして頂けました。
Y.S

炎上の怖さを思い知りました

私は、企業のSNSの運用をしており、先日あったキャンペーンの文言に不適切な表現があり、炎上してしまい、企業ブランドを大きく損なう事態を招いてしまいました。その後、再発防止の為、Seven Richさんに依頼をし、安心して運用できております。
E.S

炎上の怖さを思い知りました

私は、企業のSNSの運用をしており、先日あったキャンペーンの文言に不適切な表現があり、炎上してしまい、企業ブランドを大きく損なう事態を招いてしまいました。その後、再発防止の為、Seven Richさんに依頼をし、安心して運用できております。
E.S

料金

内容 料金
削除請求:
送信防止措置依頼
着手金:3万円〜
報酬金:5万円〜
削除請求:
仮処分
着手金:25万円〜
発信者情報
開示請求
着手金25万円~
/仮処分1件
損害賠償請求
着手金:20万円~
(報酬金別途)
刑事告訴

着手金:15万円〜
報酬金:20万円〜

削除請求:仮処分
着手金:25万円〜
誹謗中傷対策顧問
10万円〜/月
削除請求:
仮処分
着手金:25万円〜

よくある質問

Q料金を教えてください
A基本的な料金テーブルは上記料金表をご参照ください。
但し、料金は実施する施策によって異なります。状況に応じてどのような施策をとるべきかは様々な選択肢があります。
もちろん秘密は厳守いたしますので、まず現状どのような状態にあるのかをお教えください。
その上で最善の施策プランとそのお見積りを提示させていただきます。
ご予算が限られているならば、その範囲内でできるプランをご提案することももちろん可能です。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aはい、弊社サービスは企業・個人を問わず提供させていただいております。
Q私の婚約者がネットで悪口を書かれているので対策をお願いできますか?
Aはい、お受けすることは可能です。まずは、ご相談ください。
Q成果が出るまでの期間はどのくらいですか?
A施策内容によって異なりますので一概には言えません。
ただし過去の類似事例から想定できる場合もありますので、ご提案の段階で目安をお伝えすることは可能です。
Q営業妨害的な書き込みは警察に訴えた方が良いですか?
A実害が出ている場合は警察に被害届を出すことも可能です。ただし警察が捜査して犯人が特定されるまで時間がかかる場合もありますので、その間の損害を最小化するために、並行して弊社の施策を実施することをお勧めします。
Q監視を含めた契約は可能ですか?
Aはい、実際にそのようなクライアント様もあります。
たとえば幅広く事業を展開している企業様は、内容の良し悪しにかかわらず、絶えず匿名掲示板やブログにネガティブな書き込みがなされます。これらの監視を弊社が行い、悪質なものがあればただちに報告して対応施策を行う継続契約をいただくことで、対応の迅速化とクライアント様の省力化を実現しています。
料金や条件は状況とご要望に応じてご提案を差し上げますので、お気軽にご相談ください。
Q依頼者、相談者の情報の管理はどのようにしていますか?
Aすべての社員、施策スタッフ、パートナー企業とは守秘契約を結んでおり、クライアント様の情報は責任者が厳重に保管しています。
また、契約前の電話やメールのお問合せに関する情報は責任者レベルの人間しか触れないようにするなど、安心してご相談いただけるよう、情報管理には細心の注意を払っています。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aはい、弊社サービスは企業・個人を問わず提供させていただいております。

会社概要

会社名 Seven Rich法律事務所
代表者 石原一樹(第二東京弁護士会)
住所 東京都渋谷区円山町5-5渋谷橋本ビル9F
TEL 03-6452-5785
FAX
03-6206-1107
Email info@sevenrich-law.com
HP https://sr-l.com
住所 東京都渋谷区円山町5-5渋谷橋本ビル9F

初回相談無料!ご相談のお申込み

ご相談のお申込みは下記のフォームからお願いいたします。
※ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせに対応する目的の範囲内でのみ利用させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
この内容で送信する